ファイベックスは、アラミド繊維を用いた
コンクリート構造物補強材のパイオニアです。

高強度、軽量、しなやかといった特徴をもつアラミド繊維は1960年代に開発され、タイヤの補強材、光ケーブルの補強材、プリント基板、防弾チョッキなど、さまざまな産業で用いられてきています。
このアラミド繊維をコンクリート構造物などの補強材として活用したのがファイベックス株式会社です。

1990年に、はじめてアラミドロッド(製品名:フィブラロッド)がプレストレストコンクリート(PC)橋に適用されて以来、浮橋、検査路床版、マクラギなど、PC構造物の緊張材として採用されてきました。
また、非導電性・非磁性を活かし、先端研究施設のコンクリート補強材にも使用されています。

1992年に開発したアラミドシート(製品名:フィブラシート)は、ビルの柱補強に用いられて以来、道路橋や鉄道橋の橋脚・床版の補強、倉庫の床補強をはじめ、劣化した構造物の補修・補強などに数多く採用されています。

その後、二方向アラミドシート、アラミドメッシュ、アラミドバンド、アラミドパネルなどの新製品が加わり、適用分野はさらに拡大しています。

FiBRA(フィブラ)はファイベックス株式会社の登録商標です。

2016/4/1 NEW
Webサイトをリニューアルしました
2015/11/30
本社を移転しました
【新住所】〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町1番1号
住友市ヶ谷ビル7階
TEL 03-5579-8291
FAX 03-5579-8292


2014/12/16
一般財団法人日本建築防災協会による壁付き柱耐震補強工法「ハイゼラス工法」の技術評価が更新されました

2014/06/10
Webサイトをリニューアルしました



Copyright (C) 2016 Fibex Co. All rights reserved.